ROCK IN JAPAN FESTIVAL

ロッキンジャパン2019|BURNOUT SYNDROMES(バーンアウト)セトリ予想(8月4日)

スポンサーリンク

茨城県の国営ひたち海浜公園で毎年開催される
ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)

この記事ではROCK IN JAPAN 2019の4日目8月4日のBURNOUT SYNDROMES(バーンアウト)のセトリを予想します。

BURNOUT SYNDROMES(バーンアウト)|ROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019のセットリスト予想

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)2019の
4日目8月4日BURNOUT SYNDROMES(バーンアウト)のセトリは以下のように予想します。

  • 花一匁
  • 世界を回せ
  • FLY HIGH!!
  • 文學少女
  • ヒカリアレ

1曲目は『花一匁』の可能性があります。花一匁は、テレビアニメ‘‘銀魂‘‘のEDテーマになりました。伝承遊びの「かってうれしいはないちもんめ♪まけてくやしいはないちもんめ♪」という歌詞も出てきます。ぜひ、お聴き逃しなく‼

次は『世界を回せ』という曲だと思います。この曲は、タオルを準備しておくことをオススメします。MCで大裕さんも準備してって、言ってくれると思います(笑)サビで、タオルを回してみんなで盛り上がれます。

3曲目は『FLY HIGH!!』だと予想します。この曲もテレビアニメ‘‘ハイキューセカンドシーズン‘‘の主題歌になっています。「飛べFLY HIGH!!」というところが一番テンション上がります。とにかくカッコいい‼

4曲目は『文學少女』だと考えられます。最初の方で熊谷さんが語りで「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」や「恥の多い生涯を送ってきました」というところがありますが、有名な川端康成の‘‘雪国‘‘、太宰治の‘‘人間失格‘‘からの文だとお気付きかと思います。まさに文學少女だ‼と私は感動しました。

最後は『ヒカリアレ』だと思います。この曲はテレビアニメ‘‘ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校‘‘のOPテーマに抜擢されています。私は「一寸先の絶望へ 二寸先の栄光を信じて 光あれ」という歌詞が心に響きました。ハイキューもバレーのアニメなので、応援ソングとしてすごく良い曲だと感じます。

どの曲もMVを見てもらえれば分かりますが、歌詞の文字が踊っているような素敵なMVになっています。MV見るだけでも独特な世界観だと分かりますので、ぜひご覧ください。

ROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019

2019年8月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、12日(月)の5日間

茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
ひたち海浜公園で開催されるロッキンジャパン

例年4日間ですが、2019年はロッキンジャパン20周年ということで
祝日の振替である8月12日も入り、5日間で開催されることとなりました。

ロッキンの特徴として一番大きいものとしては
日本最大級のフェスにして、出演アーティストが日本のバンドだけということ。

そのため日本でメジャーなアーティストが出演するので
初心者にとっては非常に楽しみやすいフェスとなっています。

ひたち海浜公園の自然の中で開催されるフェスで

  • GRASS STAGE(グラスステージ)
  • BUZZ STAGE(バズステージ)
  • LAKE STAGE(レイクステージ)
  • SOUND OF FOREST(サウンドオブフォレスト)
  • PARK STAGE(パークステージ)
  • WING STAGE(ウィングステージ)
  • HILL SIDE STAGE(ヒルサイドステージ)

7つのステージがそれぞれ離れて場所にあるため
しっかりとタイムテーブルを見て動かないといけません。

メインステージとなるのがGRASS STAGE(グラスステージ)と呼ばれる
芝生の上のステージです。

こちらのステージでは1日7組ものアーティストが出演し、フェスの最後には花火が上がります。

 

ではここから

BURNOUT SYNDROMES(バーンアウト)の過去の音楽フェスのセットリストを紹介します。

スポンサーリンク
1 2 3
スポンサーリンク